2010年12月 9日

鳥獣giga(世田谷区用賀)が、エゾシカ坦々パクチー麺を販売開始!

北海道の自然からやってきたエゾシカとパクチー麺がコラボ!

世田谷区用賀にあるパクチーハウス東京の姉妹店・鳥獣gigaで、本日「エゾシカ坦々パクチー麺」が解禁となります。

甘辛いタレに煮込まれながら、エゾシカくんが「その時」を待っています。本日午後8時9分です。

あっさりしていて味わい深いエゾシカ肉としっかりした味わいのパクチー麺が出会い、汁なし坦々麺となって登場です。さぁ、早く食べに来て!



鳥獣gigaは、自分で焼くBBQスタイルのお店。野菜はすべてオーガニックか自然栽培のもの、お肉はジビエまたは自然に近いものを厳選して選んでいます。BBQグリルや樽を囲めばみんな仲良し。世界に目を向けるやる気のあるオトナが交流するパブリックスペースです。

2010年12月 8日

Bar cacoiのつけパクチー麺、〆は雑炊で

Kyo paxiです。

7月にお伝えした渋谷のbar cacoiのパクチータンタン麺。写真を撮ってきましたので、お知らせします。つけ麺風で、〆に雑炊にする二度美味しいメニューをぜひお楽しみください!

cacoi1.JPG

まず、盛り付けがおしゃれ! 辛めのタレはパンチが効いていますが、パクチー麺も負けてはいません。しかし、自己主張するもの同士でもぶつかり合わず融合するのは、生のパクチーと一緒。

残ったつけ汁にはごはんを入れます。そして、パク湯で濃さを調整。麺もご飯も楽しめる、二度美味しいメニューとなっていました。

cacoi2.JPG

ちなみに、撮影には3歳の息子と行きました。うちの息子はパクチー麺が大好きなのです。

・・・もちろん辛いタレではなく、めんつゆを別にいただきました。bar cacoiのスタッフのみなさま、お気遣いいただきありがとうございました!

2010年5月29日

メルカート間渕(浜松市区肴町)

パクチー麺は静岡県浜松市で製造されています。その製造工場と同じ浜松にある「食と酒のセレクトショップ メルカート間渕」で、パクチー麺が販売開始されました。

パクチーハウス東京以外では、初めてのリアル店舗販売となります。

mercato.jpg

店長の平出さんが、共同企画会社の富士農商事さまからの紹介を受け、即決で販売を決めてくださったそうです。ご本人のブログによると「これは面白い! 早速仕入れることにしました」ということです。ありがとうございます。

メルカート間淵さんでは、オススメレシピを印刷して、店頭配布もしています。浜松付近に在住の方はぜひ、ここでパクチー麺を見つけてください!

以下、平出さんの感想を引用させていただきます。

ものすごい個性的な味を想像していましたが、食べてみると癖がなく、とてもいい歯ごたえ。
最後にパクチーの風味が適度に感じられます。
美味しいです!
最初は無理だと思いましたが、子供たちも美味しいと喜んで食べました。

hiraidesan.jpg
店長の平出さん。メルカート間渕にはたくさんの輸入食材が売られています。