2011年5月30日

被災地へパクチー麺をお届け

こんにちは。先日、宮城県の南三陸町に行ってきました。ボランティアとして活動しながら、被災地の方々にお話を伺い、様子を見てきました。その前後に東北大学の教授の方が行っている災害保健医療支援室でもお手伝いをし、被災者の方に役立つ情報を収集しているときに、「被災地支援表明ウェブ""できること」というのを知り、早速パクチー麺を必要に応じていつでもお届けできるよう、登録いたしました。

現地でいろいろな方とお話をして、東京で"パクチーの"レストランを経営しているという話をしても、ご存じない方が多く、要望があるかどうかは分かりませんでしたが、弊社が提供できる数少ない物資ということで登録してみました。パクチーが好きか嫌いかというのもあるでしょうが、パクチー麺は嫌いな方でも食べていただける(かつ好きな方もその奥深さにハマってしまう)商品ですし、何よりもゆで汁もスープとしてお楽しみいただけるということで、同じ手間をかければ麺とスープの2品楽しめるところが、避難生活を送っていらっしゃる方にも役立てるポイントではないかと思い、600食分をスタンバイさせております。

さきほど、登録してから約10日目にして、上述のサイトを管理している公益社団法人CIvicForceの方から連絡をもらい、「要請があった」と言っていただきました。現地で活動している職員の方が調整し、必要に応じて送ることになりそうです。食料としてはもちろん、ちょっと変わった商品が届くことで、厳しい生活を送っているみなさまがほっこりしてくれればなと思っています。

その他、もしほかに被災地でパクチー麺が役立ちそうという話がございましたら、ぜひご連絡をください。できる限り送らせていただきたいと思います。

dekirukoto.jpg

もちろん、この活動を継続するためにも、個人的に購入していただいて、買い支えてくださる人も歓迎いたします。では、よろしくお願いします。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://paxi.mn/movt/welcome_trab.cgi/53

コメントする